求人詳細

  • TOP
  • 求人検索
  • 水産物加工会社の品質管理/小浜海産物株式会社

水産物加工会社の品質管理/小浜海産物株式会社[求人ID:28834]

ふるさと納税にも選ばれている「小鯛ささ漬け」などを製造販売

求人内容

職務内容
同社工場内における品質管理業務をお任せします。

【具体的には】
・理化学分析(分析機器を使用)
・微生物試験等の日常業務
・Eベースなどへのデータ入力
・品質不良によるクレーム対応
・HACCP認証取得に向けての業務
募集背景
人材不足

採用条件

学歴
不問
必要業務経験
食品関連企業での品質管理経験 10年以上
優遇要件
【求める人物像】
明るく仕事に取り組む方

勤務条件

勤務地
福井県小浜市 
転勤の有無
無し
雇用形態
正社員
想定年収
350万円~500万円
福利厚生
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
手当:慶弔見舞金、住宅手当(条件あり)、永年勤続手当(10年毎)
その他:従業員親睦会イベント(社内旅行、レクレーションなど)、産前産後休業、育児休業、健康診断、メンタルヘルスケア、産業医
休日休暇
水曜日、日祝日(週の中に祝日がある場合は水曜日は出勤になります)
夏季休暇(3日)、年末年始休暇(5日)、有給休暇(半日休暇制度あり)、慶弔休暇
年間休日:110日

企業情報

業種
食料品(メーカー)
特徴
1948年に小浜市で創業し名産の「小鯛ささ漬け」をはじめとする水産物の加工や、地方卸売市場として海産物ほか食品全般を取り扱う。現在は福井県内に2店舗、東京に1店舗を出店し、更にオンラインショップ「若狭小浜 丸海」でもギフト製品の販売を行っている。
売上
50億5000万円(令和2年度)
従業員数
145名

担当情報

管理会社
株式会社エンリージョン(福井)
担当コンサルタントより
GIマークを取得した「小鯛ささ漬」を中心に、この地方を代表するソウルフードである「タイカツ」やかまぼこ、てんぷらなどの練製品、そして小鯛ささ漬に次ぐ主力商品となった「雲丹醤(ひしお)」を生産しています。また、2018年に導入したリキッドフリーザー『凍眠』を活用して高い鮮度を保った寿司種や刺身商材の加工も始め、新商品開発に積極的に取り組んでいます。

この求人にエントリーする

この求人を見た人はこんな求人も見ています

【福井】全樹脂電池製造工場の生産技術(スタッフ職)/APB株式会社 福井センター武生工場[求人ID:28920]
勤務地 福井県越前市  想定年収 450万円~600万円
仕事内容
2021年10月、世界初となる全樹脂電池の量産化に向けた稼働開始!
全樹脂電池の量産製造プロセスの立ち上げ~稼働を生産技術部門の一員として従事して頂きます。

【具体的には】
・量産化設備の仕様検討、見積取得、発注、製作、搬入裾付~試運転、稼働管理
・量産化プロセスの設計、導入、生産性改善、歩留改善、品質改善
・原材料(正負極材、電解質、セパレータ、集電体など)供給体制の構築

【APB 福井センター武生工場とは?】
世界初の全樹脂電池の量産工場です。従来のリチウムイオン電池工場とは大きく異なり、廃液が出ないだけでなく、乾燥工程をはじめとする多くのプロセスを排除する事で、使用エネルギーを削減する事にも努めるなど、環境保護、保全効率の向上を重視した設計がなされています。
量産開始当初は特殊用途を中心に生産を実施しますが、高いエネルギー密度という特長を活かし、太陽光発電システム(定置用蓄電池)や電気自動車などの各種モビリティ用途にも対応して生産を拡大する予定です。

【全樹脂電池とは?】
乾燥工程やエージング・プロセスが存在せず、1991年に国内メーカーが二次電池の製造を開始てから、どのメーカーも成し遂げられなかった根本的に新しい構造を有しています。従来のリチウムイオン電池に比べて2倍以上のエネルギー密度と高い安全性能を持ち、製造コストを大幅に下げる事ができる可能性を持っており、現在はまだ限定的な二次電池市場を大きく拡大させるポテンシャルを持っています。用途としては定置用と呼ばれる電力の需給バランス改善や、災害時の電源確保を目的としたもの、電気自動車(EV)、特に太陽光パネルを設置した家庭向けなどを想定しています。全樹脂電池の基礎開発は完了しており、現在は量産体制確立に向けた拡大フェーズとなります。
詳細を見る
【福井】企業内管理薬剤師/興和江守株式会社[求人ID:27135]
勤務地 福井県福井市  想定年収 400万円~550万円
仕事内容
【福井県】創業114年の老舗商社、企業内管理薬剤師を募集
化学物質管理、及び安全保障管理に関する業務に携わって頂きます。

【具体的には】
・薬事各種申請業務
・販売品目の品質管理対応
・仕入れ先工場監査などの品質保証
・化学物質管理に係る事業法令の調査、該非判定
・営業担当のサポート業務
・事務処理(社内システム入力、文書整理等)

【企業について】
・社員の年齢構成
20代23.9%、30代24.1%、40代25.7%、50代18.7%

・勤務地割合
福井県内69.2%、福井県外22.7%、海外8.1%

・産休育休取得率
100%
詳細を見る
【福井】全樹脂電池製造工場の製造管理/APB株式会社 福井センター武生工場[求人ID:28656]
勤務地 福井県越前市  想定年収 550万円~700万円
仕事内容
2021年10月、世界初となる全樹脂電池の量産化に向けた稼働開始!
全樹脂電池の製造工場の製造管理業務をお任せ致します。

【具体的には】
・工程分析
・スタッフ教育
・工程改善
・製造業務の標準化
・設備改善提案
・技術フィードバック

※製造オペレーターは派遣スタッフが担っております。

【APB 福井センター武生工場とは?】
世界初の全樹脂電池の量産工場です。従来のリチウムイオン電池工場とは大きく異なり、廃液が出ないだけでなく、乾燥工程をはじめとする多くのプロセスを排除する事で、使用エネルギーを削減する事にも努めるなど、環境保護、保全効率の向上を重視した設計がなされています。
量産開始当初は特殊用途を中心に生産を実施しますが、高いエネルギー密度という特長を活かし、太陽光発電システム(定置用蓄電池)や電気自動車などの各種モビリティ用途にも対応して生産を拡大する予定です。

【全樹脂電池とは?】
乾燥工程やエージング・プロセスが存在せず、1991年に国内メーカーが二次電池の製造を開始てから、どのメーカーも成し遂げられなかった根本的に新しい構造を有しています。ジュライのリチウムイオン電池に比べて2倍以上のエネルギー密度と高い安全性能を持ち、製造コストを大幅に下げる事ができる可能性を持っており、現在はまだ限定的な二次電池市場を大きく拡大させるポテンシャルを持っています。用途としては定置用と呼ばれる電力の需給バランス改善や、災害時の電源確保を目的としたもの、電気自動車(EV)、特に太陽光パネルを設置した家庭向けなどを想定しています。全樹脂電池の基礎開発は完了しており、現在は量産体制確立に向けた拡大フェーズとなります。
詳細を見る

求人検索の条件を変更する

転職成功者や企業経営者の「生の声」をご紹介しています。

関連コンテンツ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
福井市 敦賀市 小浜市 大野市 勝山市 鯖江市 あわら市 越前市 坂井市 吉田郡 今立郡 南条郡 丹生郡 三方郡 大飯郡 三方上中郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
グローバル 管理職 幹部 マネージャー 管理部門 M&A 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す